家族みんなの健康づくりに!
毎日食べるものだから、美味しい方がいい。
そして、できれば臭わない方がいい。

厳密に管理された特殊な熟成加工方法により生まれた「三健の黒にんにく」は外側の皮はそのままに、中身だけが真っ黒。
これは、もともと中身が黒いにんにくを使用している訳ではありません。
厳密に管理された温度・湿度状態の中で、有機米を素材に発酵させた玄米発酵液と、遠赤外線を利用してじっくりと熟成させるという特殊な方法で加工する事により製造します。
その結果、白いにんにくの中身が徐々に黒くなって、ポリフェノールもたっぷりで美味しいプルーンのような「三健の黒にんにく」ができあがるのです。

Your recent history

Members only page

ログイン